ホリエモン推薦”マンガでわかる最強の株入門”で学ぶ株の基礎知識①

未分類

さて、今回はまた読者の皆様に見識を広げて頂きたいと思い(建前)、私と一緒にについて勉強していきましょう!なお、参考書として上記の本を使用しました。

合わせて私が株に興味を持った当初に読んでいたブログも紹介します!

株の基礎知識

そもそもって何?

”株”とは株式会社が発行する証明書の事です。

株購入までの流れ

事業者(事業を始めたい人)が事業を始める際、お金が必要になります。事業者はお金を集める手段として株式会社を組織(目的を目指す為、幾つかの物と人で秩序のある全体を作ること)します。そして株を発行し、投資家(お金を出してくれる人)から資金を調達します。

投資家はお金を払いましたよ!という証明書として株式(株)を受け取ります。

事業者

会社を立ち上げたい。事業を展開したいけどお金が無い。

そうだ!株式会社を組織して株を発行しよう!

投資家

この会社の事業は今後儲かる気がする。今のうちに株を買っておこう!

ありがとうございます。買ってくれた証明として株を渡しますね!

この調子なら事業を展開できるぞー!

※投資家は沢山居る前提です。

株を購入する”特典”

①”値上がり益(キャピタル・ゲイン)”が手に入る

自分が購入した”株”が値上がりすれば、売る事で利益になります。例えば100円で購入したものが高騰し、200円になったとする。そこでその株を売ってしまえば倍の儲けになるという事ですね☆

②銀行より”利回り”が良い

”金利”とは預金や貸付に対する利子のことですが、これはつまり”お金を預けたり、お金を必要とする人に貸したり”すると利子が貰えるという事です。

銀行預金や貯金は言うならば皆さんが銀行にお金を貸している状態であり、ここにも金利は付いています。つまり私達はお金を預ける事で少し得をしています。しかしすぐに返済できるので、金利はとても低く、銀行の普通預金金利は、0.001%(2020年)で推移しているので、預けたり、貸したりしてもほぼゼロに等しいんです(笑)正直貰えてるのか微妙な所。

※ネット口座であれば金利が0.1%の所もあるので、探してみるのも良いかもしれません。

③”配当金”が出る

企業(事業主)は利益が出たら、一部を株主(投資家)に配ります。これを配当といいます。

※全ての会社が配当金を出す訳では無く、基本的に好業績の企業が配当を出します。企業の業績により減配(配当が減る事)されたり、無配(配られなくなる事)されたりします。

④”株主優待”が貰える

株主優待とはその会社でしか手に入らない限定品・クーポン券・現物品等の特典をさします。

食品メーカであれば食品、鉄道メーカーであれば回数券や無料パス等、企業によって異なります。筆者はとあるスーツの会社の株を購入していたので、割引券等が家に送られてきました。

私は結局使わなかったので、欲しい株主優待が貰える所の株を狙うのも良いかもしれません。

株を購入するにはまず、証券会社の口座を開こう!

株は証券取引所にて取引されます。つまり売り買いするには証券会社に口座を開かなければいけません。口座を開いた後、「買う!」と取引所に注文して株を購入し、「売る!」と取引所に注文して株を売ります。

買ったり売ったりする度、手数料がかかるので気をつけましょう!

それで、どうやって株を購入するの?

株は証券取引所にて取引されます。つまり売り買いするには証券会社に口座を開かなければいけません。口座を開いた後、「買う!」と取引所に注文して株を購入し、「売る!」と取引所に注文して株を売ります。

※買ったり売ったりする度、手数料がかかるので気をつけましょう!

ちなみに”NISA口座”って何?

私達は働いた分の賃金を受け取る際に、必ず税金を払っています。同様に株で儲けた時も20%の税金が課せられます。20%…痛い!!

普通の口座ではこの20%を支払います。しかしNISA口座を開設するとこの税金が免除されます。免除というか非課税になります。やったぜ!

しかし、”NISA口座”には条件がある

①専用口座の開設

すでに証券口座を開設したとしても新たに開設しなければいけません。そして投資家一人に対し、一つしか開設できません。

②期間は5年

非課税である期間はたったの5年。短いなぁ…。

③投資できる金額は120万まで!

ちなみに1年で50万しか投資してないから翌年は170万投資できる!…という訳ではありません。繰り越しはされず、毎年120万のみとなります。

正直そんなに得だとは思わないんだよなぁ…。

具体的な口座開設までの道のり

現在はネットが主流なので、ネットから開設しちゃいましょう!

①証券会社のホームページにアクセスし、申し込みを行う。

※申込書を印刷して実際に書くか、郵送して貰うかは自分で選択できます。

②必要事項を入力。

※口座開設には”特定”か”一般”があり、特定口座で源泉徴収ありを選択しないと自分で確定申告を行わなくてはいけません。勿論、自分で申請できるのなら問題ありません。

③申込書と書類を郵送する。

④口座開設のお知らせが届く。

私は証券会社に”楽天”を選択しました。確かスマホの株トレーダーアプリが使いやすかったからだった気がします。証券会社によって取引できる企業も異なるので、投資したい企業があるなら取り扱っているか調べてみるのも良いでしょう。

「証券会社 ランキング」とかで検索すれば、分かり易く特徴をまとめてくれていたりします。

”マンガで分かる最強の株入門”との出会い

「あ~、金が欲しい」

介護職に就いていた当時、口癖の様に私はそう呟いていました。別に”お金が人生の全て!”というつもりはありませんでしたが、まぁお金が無ければどこにもいけないのも事実。

仕事と家を往復するだけの人生は苦痛でしか無かった私は、お金を稼ぐ方法を考えながらTUTAYAの中にある参考書のコーナーをゾンビの様に徘徊します。この本とはそこで出合いました。

帯のホリエモンさんが「この本に株の事が全て載ってる!」と私に語り掛けて来たので思わず手に取って会計を済ませた訳です。

何故一時期辞めていたのか?というと、恥ずかしながら車の軽い事故を起こしたり、好きなモノを買ったりして貯金が尽きてしまったのです。正直に言うと少し病んでいたのでまぁ、あの頃は大目にみて欲しいと思います。

まとめ

「おい、ここで終わりかよ!」…まぁまぁ落ち着きなさい。私も今思いだしながら頭に詰め込んでいる最中なので今後、もう少し深い話も盛り込んでいこうと思ってますよ。まぁまぁゆっくり覚えていきましょう。

今回は基礎知識編なので取りあえず株とは何ぞや!?について語りました。面白いですよ株。そんなに語れる程やっていませんでしたけども。

皆、お金が欲しい癖に「金の亡者!」「いやらしい」と言いますよね。お金に頓着が無いフリをするのは、日本のダメな所です。そんなの美徳ではありません。

蓋を開けてみるとトイレットペーパーやらマスクを買い占めてしまうのだから、ちゃんちゃらおかしな話ですわ!

…まぁそんな人は放っておいて、貴方はお金を稼いじゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました