【書評】箕輪厚介”死ぬこと以外かすり傷”内容・感想レビュー

未分類

【書評】箕輪厚介”死ぬこと以外かすり傷”内容・感想レビュー

恥ずかしながら私は彼の事を存じ上げませんでした。

箕輪 厚介(みのわ こうすけ、1985年8月28日 – )

日本の編集者、実業家。株式会社幻冬舎勤務。 株式会社エクソダス取締役。CAMPFIRE community チェアマン。堀江貴文イノベーション大学校というオンラインサロンで特任教授。『ネオヒルズジャパン』与沢翼 創刊編集者として『たった一人の熱狂』見城徹/『逆転の仕事論』堀江貴文などを担当。NewsPicks Book創刊。 自身のオンラインサロン「箕輪編集室」を主宰。合同会社波の上商店を設立。アーティスト「箕輪☆狂介」の出版プロデューサー。

※wiki参照

”死ぬこと以外かすり傷”という本の存在は知っていたのですが、ホリエモンの著書にて彼の名前が出てくるまで彼の事を知りませんでした。今にして思うと私はABEMA ニュースにて箕輪さんを始めて見たのだと思います。彼はコメンテーターとしてひろゆきさんや専門家の隣に座っていました。

彼が編集者として手掛けたホリエモンの著書”多動力”は30万部の大ヒットとなりました。

そんな本書ですが、私は他の自己啓発本と比べ少し敷居が高いと感じました。

彼は言ってしまえばマグロの様な人生を送っています。つねに泳ぎ続けなければ溺れてしまう行き当たりばったりの人生。それは彼が成功者だから説得力を持つのであって、もしも何も成しえなかった場合は博打の人生になりかねません。中途半端に彼の人生を真似してしまうと生きにくい世の中になるかもしれません。

励まされる人は当然多いでしょうが、少し無責任に人を煽っている文章にも見えます。

とはいえ、その行動力には目を見張るものがあります。彼は社長でも臆することなく自分の意見を言い、自分が興味を持った事に対しいつも真剣です。

私が先ほどまで少し辛口の意見を言っているのは、彼の人生観は私とは違うなぁ…と感じているからです。私はきっとこのやり方は真似出来ません。本書に関しては少し離れた目線で読んでしまいました。

勿論この生き方がばっちり合う人もいるでしょう。その人は彼のやり方で救われるかもしれませんので一度手に取ってみてくださいね。ひろゆきさんやホリエモンを草食とするなら(ホリエモンは違うか)言ってしまえば体育会系の手法ですね。

私は仕事をバリバリこなすタイプでは無いので、これは向いていません。

死ぬこと以外かすり傷”感想レビュー”

本書はほぼ漫画で構成されており、補足として文章があります。構成の割合として9対1、位でしょうか?

序文で”人生観は真似出来ない”と発言しましたが、見習うべき部分・参考になる部分は多々あります。あくまで彼が求めるスピード観を私が実践したくない。きっと私は彼より儲ける事は出来ないのでしょうが、私がたどり着きたいのはそこじゃないのでそこでは戦いません。

「戦わないんじゃなくて、戦えないんだろ?」…そうかもしれません。ですから自分の土俵を見つけるしかないんだと思います。

彼は新人社員のマナー講習体験後、”マナー講習という茶番劇”という題名のレポートを提出した事により上司に怒られています。

「高い講習代を払って大勢の社員を拘束するなんて無駄。来年から辞めるべきです」

くだらないものを「くだらない」という。言ってはいけない事を言ってしまえ。という精神です。

私もよく「これ何の為にやっているんですか?」と上司や同僚に言ってしまう事があります。皆口を揃えて「そういう決まり」としか言わず私のフラストレーションは募るばかりです。彼であればきっとここでどうやったら自分の意見が通るのか色んな事を試すのでしょう。

私にはまだそれをやり切れる自信がついていません。

彼は当時営業という立場だったので、編集の仕事に参加する事は出来なかったそうです。しかし、他の自己啓発本でもよく言われているドブ板営業(個人で直接営業し仕事を取り付ける)を行い、評価が認められてメキメキと力をつけて行きました。

あのホリエモンにも仕事をこぎつけ30万部売り上げています。

彼はよく憑依レベルで本人の作品を読み込むという作業を行っています。一日中作者の事を考え本人に営業を行う事できっと振り向いてくれるという考えです。

私は今、ドラッグストアにてアルバイトを行っています。そこでは店舗のノルマとして特定の商品を一定数お客さまに買って頂かなければいけないのですが、8割売れません。けどたまに私がおススメした際に購入される方がいます。その時は物凄く嬉しい気持ちになります。

彼はきっとこの何倍も今の仕事にかけているのでしょう。私は購入される事自体は嬉しいと感じますが、今の仕事に熱意はありません。

私はよく上司に「落ち着いているね」と言われます。確かに私は物事に対し、緊張する事はあまりありません。”落ち着いている”、聞こえは良いのですがこれは熱意の感じられない人物と同義ですので多分慣れてはいけないんだろうなぁなんていつも思っています。

さて冒頭では”賛同できない”という趣旨の文章を書きました。しかしこうして感想を書いていると私はどうやら”彼に対する憧れ”の様なものを感じます。

きっと同じ事を考えているのに、同じ様に行動できない自分を恥じているのかもしれません。

彼の生き方を実践するのは難しいと思いますが、私なりに経験を積み立て行く事をもっと真剣に考えていかなければいけないなぁと本書を読んで思いなおしました。

箕輪さんの様に熱を持って生きたいと思いました。

死ぬこと以外かすり傷”内容”抜粋

トラブルに身を投げろ!

私も少し箕輪さんにあるような自傷的で衝動的な行動を良くしてしまいます。例えば何らかの状況で2択を迫られた時、より危険な方向に走りがちです。そういう自傷行為に近い行動を起こします。

上京した際も地元である岡山で一人暮らしをするか大阪でするかを考えた時、より費用も時間もかかる大阪を選択してしまいました。住んでみて分かりますが結局、何も変わりません。

ここにも仕事はありませんでしたし、嫌な人は大勢現れます。では何の意味があってここへ来たのか?今の所何も得もしていない気がします。…はぁ~。

箕輪さんは大学時代にインドへ旅行に行った時、「宝石を買わないとここから出さない」とインド人に監禁された事があるそうです。どうにかそこを脱出した箕輪さんはどこか高揚感があり、それをすぐ記事にじたと言います。

その経験から彼の考えの軸はいつも、”面白いのはどっちだ?”となっていったそうです。

ん?私の体験とはちょっと違うか。まぁ、物事に対し何らかのリスクをとりたがるのは同じという話ですね。

私もそうですね。どちらかと言うと”面白い”事をしたがります。もしも1億円手に入れたとして株とか会社経営とか始めるでしょうね。夢は億万長者ですが、金に興味はありませんし。

大事なのは”敢えて”です。敢えて飛び込んでみる事はやっぱり生きている実感が沸きます

ヒーローインタビューを想像しろ!

実力だけで何者かになれるという甘い考えは捨てるべき。

自分なりのブランドに人や金はついてくるので、「目立ちたがり屋」だと言う人間は本気で目指したことがない甘ちゃんだ。

”自分の名前を刻むまでが仕事”だと僕はよく社員に言う。だから、

「成功までの苦労を面白おかしくブログに書いたり、インタビューを仕込んで自分の名前を売った方がいい」

そこまでが仕事。休んでいる場合ではない。

自分がヒーローインタビュー受けている時を想像すれば生半可な仕事は出来ないし、一つ一つの行動が変わっていく。

自身が無い人程将来が悲観的になり、前に進めなくなる。

私の一番の敵は私。私は色んな場面でその敵にぶち当たる。「ここで言いたい事を言うと嫌われるんじゃないか?」「失敗してしまえば人生が終わる」「家族に顔向けできない事はするな」など。

このぬかるみはとても気持ち悪いんだけど、慣れると心地が良いからついとどまってしまう。

そんな時に未来の成功した私はなんて言うだろう。

「あそこですぐに飛び出していれば幸せになれたのに」と言うだろうか?それとも「そこで踏ん張ったからこそ、未来に繋がった」というだろうか。

多分、正解か不正解かは誰にも分からない。でも自分の中のヒーローは何て言っているか?

それをよく聞いてみるとおのずと分かるんじゃないだろうか?

スピードスピードスピード!

最近になって私の友人は速さを意識した作業を徹底している。彼は漫画家だが素人である。最近では漫画家並みのスピードをもって作品を制作している。一日の全てをそこに注ぎ込んでいる。

このコロナの最中、彼は自発的に一歩も外に出ていないそうだ。

私は箕輪さんしかりそんな生き方は御免だ。と冒頭で話した。しかし考えてみれば私の友人も箕輪さんよりの発想だと気が付いた。

私は間違っているのだろうか?

 僕は元々一冊入魂タイプだったし、書籍と言うものは通常6カ月以上費やさなくては出来ない。

2017年NewsPicksBookを創刊した。これは月額サービスなので毎月1冊つくらなければいけない。それはとても過酷であり無理難題だ。誰もが避けて通る道である。

しかしその短い期間で僕と作業した人達は皆一応に「印象に残っている」とか「一番楽しい時間だった」と話している。普段ならありえないスピードで駆け抜ける事によりそこには熱がこもる。すると自然に作品に力が入っていくのだ。

”集中力”というものは追い込まれてこそ一番成果発揮すると箕輪さんは語る。世間の人たちはスピード相場に洗脳されているので実力が出せないのだという。

スピード相場とは、その作業に大体これくらいかかるだろう。という考え方や常識の事。

例えば私の友人が書く漫画のスピードが週刊連載作家並だとするのなら、彼はその時間分作業をこなす事で自分にどこか甘えが出てしまいそれ以上の熱が出せない理論だ。その分、作品に熱意はこもらなくなる。いや、逃げていく。

私は毎回彼と作品作りを競おうと努力してみるも、いつも完成しない。スピード相場で考えるなら私はもっと焦る必要があるという事だ。というかそもそも、私はその土台にも載っていないのだけども。

つまり、箕輪流で言い換えるとこういう事だろう。

「週刊連載作家に並みに書いています」

「ふーん。でもそのままじゃその週刊連載作家より良い物は作れないね!」

私もブログで収益をあげたいのであればだれよりも早く、多く記事をあげなければいけない。

冒頭で話していた私をひっぱたいて、もっと早く歩かなければいけないのだろう。

まとめ

自分の記事を読み返してみて「面白いんじゃないか?」と思う事はあるのですが、これは果たして感想レビューなのか疑問に感じる事が多々あります。まぁ敢えてジャンル付けするのなら”感想”なのかな?位の気持ちでいつも記事を書いていますw

さて今回は体育会系スピード重視の自己啓発本でした。

いわゆる一般人というか大抵の方には私が冒頭で話した敷居が高いという話が理解できたのではないでしょうか?とてもリスキーで難しい事。…なんてできれば誰もやりたくありませんよね。

これはやはり”甘え”なのでしょうか?

色々な啓発本を読んでいく上で私の意見がコロコロ変化している事に読者の方は気が付いたでしょうか?とても読みにくいですよね。大変申し訳ありません。

しかし、人の考えとは本来柔軟であるべきです。

よく芸能人に対し、「昔と言っている事が違う」という文句を言う人がいますが、それは他者の成長を許さない考えである事を理解した方が良いと思います。

誰しもがあなたと同じ経験を積む訳ではありません。他人の変化を認める事が出来なければ貴方自身が一番、成長から遠のいている事に早く気が付きましょう!

私も目を覚まさなければいけません。

という訳で改めまして今回の箕輪さんの著書””死ぬこと以外かすり傷”は一言で言うと

自分の生き方を今一度考えなおすための本

でした。

皆さんも無理をせずに無理していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました