無印良品のコオロギせんべい。その味・効果、何故作られたのか?を解説。

未分類

「こ、コオロギせんべい!?」

5月20日、無印良品のネットストアで“コオロギせんべい”が先行発売されると聞き、私はその詳細が気になった。まとめてみたので興味があれば覗いてみてね☆

無印良品が発売する”コオロギせんべい”とは何だ!?

無印良品のコオロギせんべいは「フタホシコオロギ」という熱帯性のコオロギを使用し、コオロギをパウダー状にしてせんべいに練りこみ、余計な原料を使わずシンプルな配合を行ったお菓子だそうだ。エビに近い香ばしい風味を楽しめるという。コオロギは衛生的で安全な環境で飼育され、温度や湿度を一定に保つことにより通年産卵させることが可能となる。

コオロギの”味”って?

今、注目されている昆虫食の中でも最もポピュラーなコオロギ。その味は「エビ」に例えられることが多いですが、少し違います。

エビやコオロギなどの節足動物には、その身を守るために「キチン」という物質でできた外骨格が備わっています。エビの場合、この外骨格が食べる時に邪魔になってるので、調理の段階で尻尾を残して綺麗に剥いてしまうかと思います。

一方、コオロギの外骨格はエビのようにツルリとは剥けず、食感も柔らかいので剥かずに調理して食べるのが一般的です。こうして調理されたコオロギが、エビの尻尾に香りと食感が似ていることから「エビの味」に混同されやすい。実際のコオロギの味は非常に淡泊で、海産物系というよりも豆系に近い。おいしそう…!

”身体”への影響は?

昆虫は主な牛や豚などの家畜に比べ、主要な栄養素を多く体内に含むため栄養素を効率よく摂取することができるそうだ。国連食糧農業機関 (FAO)も、栄養価が高く環境への負荷も少ないという理由で、家畜の代替として昆虫食を推奨している。中でも飼育しやすく効率的に生産できるコオロギは食用に適しているため、国内外で注目。徳島大学のノウハウで生産された食用コオロギを原料として使用し、原料から製品の製造までを日本国内で行い、安全性も確保され供給面についても安定した体制を整えている。

注意点として、食用コオロギパウダーはエビやカニなどの甲殻類と類似した成分が含まれており、エビやカニのアレルギーがある人は食用を控えるようにとのこと。

どういう経緯で制作されたの?

無印良品いわく”生活に必要な商品の販売のみならず、社会で起きている課題に目を向けている”と話す。世界の急激な人口増による、今後の食糧確保と環境問題などの課題を考えるきっかけになればという思いから、昆虫食の研究の第一人者の徳島大学と協業し、コオロギを食材とするための取り組みを始める。徳島大学と食用コオロギの実用化に向けた研究成果を共有し、おいしく食べていただける昆虫食の開発を進めているそうです。

国連食糧農業機関 (FAO) も、栄養価が高く環境への負荷も少ないという理由で、家畜の代替として昆虫食を推奨しており、中でもコオロギは食用に適しているとして国内外で注目されています。

コオロギである”意味”

栄養価が高い

主要な栄養素、たんぱく質やカルシウム、鉄分などを体内に多く含むので、それらを効率よく摂取できます。

環境負荷が少ない

主な動物性たんぱく質資源の家畜に比べて、生育する際の温室効果ガス排出量や、必要な水やエサの量が圧倒的に少なく、環境負荷も軽減されると言われています。

生産が効率的

飼育しやすく安定して生産でき、他の昆虫よりも成長が早く約35日で収穫できるという点で高く評価されています。また、エサは主に穀物類ですが、雑食なのでエサの選択肢が広く、未利用のまま廃棄される食糧の問題にも貢献する可能性があると言われています。

コオロギの”生息地”って?

フタホシコオロギの生息地は、東南アジアの熱帯地域です。日本では沖縄、南西諸島に棲んでいます。

オスの成虫は25mm、メスは30mmに成長しますが、過密飼育や野菜中心の餌で飼育すると小型化します。卵は約10日で孵化します。孵化長後の幼虫は3mmくらいで全身真っ黒です。餌と水を切らさないように注意して気温25~30℃の環境で育てると30日後には成虫に成ります。

“フタホシコオロギ”ってどんなの?

フタホシコオロギの名前は,翅(はね)の前方に星のような白い斑点があることから名づけられています。 昆虫の特徴として,からだが頭部・胸部・腹部の三つに分けられ,頭部には触角や複眼があり,胸部からはあし6本・はね4枚が出ています。 翅は2枚しかないように見えますが,この翅は前ばねで,この下にやわらかい後ばねが隠れています。 ※wiki参照

コオロギは節足動物(背骨がなく外骨格という殻をもつ生物)に含まれる昆虫のひとつ。昆虫の中ではバッタ目〔直翅目(ちょくしもく)〕といわれるなかまに入り,鳴く虫が多いグループです。中でもフタホシコオロギは繁殖力が強く,栄養価も高いため,動物園や水族館などで他の生き物の餌としてよく利用され,最近はペットショップでも販売されています。

他にも食べれるコオロギがあるの!?

エビやカニに数多くの種類があるように、世界各地で食べられているコオロギにも様々な種類が存在します。種類によって味や香り、大きさが異なりますので、ご興味があれば是非食べてみて欲しい。なお、今回ご紹介するのは、bugoom(昆虫食の公式通販サイト)で取り扱っているコオロギになります。

※人によっては体調を崩すかもしれませんのでサイトクリックは慎重に!

8種類もある!?うーんおいしそう(白目)!

まとめ

という訳でいかがでしたでしょうか?コオロギせんべい。筆者は調べながら「うわ、うわー!」と叫んでいましたが実は昆虫食に少し興味があります。

昔ク●イジージャーニーという番組で、家族に内緒で”昆虫食を趣味としている女性”の回がありまして、その方はカナブンにナナフシにゴキブリに芋虫などとそれはそれは素晴らしい食歴をお持ちでした。それに憧れ…はしませんでしたが、一度は食べてみても良いのかな?と思いました。

実際、コオロギの味レビューを拝見させていただいた所、ちょっと美味しそうでしたよね?ただやはり厚みのある昆虫は見た目的にキツイなぁ…なんて思いました。最初に食べるのであれば小さいのからでよろしくお願いします★

人類の人口が急増する中、食糧危機が揶揄されています。また、アフリカ東部ではバッタによる作物の被害が広まっているとの事なので今後は昆虫食がメジャーな食事になるかもしれません。貴方のすぐ傍に迫って来ているかもしれませんよ?

…という訳で無印良品の”コオロギせんべい”から慣れていきましょう!コオロギせんべいは無印良品のネットストアにて2020年5月20日に先行販売されます!是非とも食べてみたいという方は今の内から目をつけといてくださいね!価格は190円です!!安い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました