ベランダで”家庭菜園”をしたい!準備物やオススメの野菜は?

未分類

ベランダで”家庭菜園”をしたい!準備物やオススメの野菜は?
毎日パスタばかりを食べる日々に嫌気が差した私は、何かおかずの種類を増やす事が出来ないのか考えていた。

日に日に増えていく口内炎やニキビに「不健康な生活を送っているんだなぁ」と感じた私は、身体が欲しているのはつまり”野菜”なのでは無いかと思った。

近所の関西スーパーに向かい、野菜の値札を見る。高い。しかも、日持ちしない。

そうだ。”家庭菜園”をしよう!

京都に行こう!みたいなノリで”家庭菜園”を調べました!

自宅のベランダを利用して野菜を育てるという事。身近に植物があると気持ちがリラックスしますし、窓を開けるたびに成長の様子が見られるので、愛着も湧きます。準備に多少の手間はありますが、種代のみですぐに元が取れる!

何より趣味として人生を豊かにしてくれるかもしれません。また、遠出しなくても野菜の世話や収穫ができるというメリットもありますよね☆

”家庭菜園”とは。

自宅で野菜や果物などの栽培をおこなう趣味の一つです。鑑賞用の植物で癒されたり、食用の野菜やハーブを楽しんで食卓に彩りを加える事が出来ます。

何か世間的に良いイメージもありますよね。

備えて起きたいベランダ”菜園グッズ”

 

プランター

購入前に必ずベランダの大きさを測り、どこに設置するか決めてから購入しましょう。置けないと意味がありませんよね。

野菜をしっかりと育てるためには大きな底の深いプランターを選ぶのがオススメです!

オススメの土

 

土作りは野菜を栽培する上でとても大切。野菜ごとに適切な土が違うため、間違った土を選ぶと栽培に失敗してしまいます。

初めての家庭菜園では土を混ぜる必要のない「培養土」を選ぶことをおすすめします。栄養素が全て混ざった土なので、手間がかかりません。

鉢底石

鉢底石とは、プランターの底に入れる石。鉢底石を入れることによって、土の排水性や通気性がよくなるため、根腐れの予防に効果があり、ほとんどのプランター栽培で使用されています。

スコップ

大きなプランターに小さすぎるスコップだと扱いづらいので、プランターのサイズに合ったスコップを選びましょう。

ジョウロ

ジョウロには先がとがったタイプと、たくさんの穴が空いたタイプの2種類があり、先がとがったタイプで勢いよく水やりをすると、水を上げた部分の土が凹んでしまうので、たくさん穴が空いたタイプを選びましょう。

間引き

芽や葉がかなり生えてきたら、ていねいに間引きを。ひょろっと長すぎる苗や葉の形が良くないものなどを数回に分けて間引きします。害虫対策としては、ネットを張ったり、虫が嫌がるものや粘着補虫シートなども効果的です。

家庭菜園をする上で”大事なポイント”とは?

日当たり

ベストは南~東向きのベランダ

植物は、午前中に光合成を活発に行います。つまり、午前中から長時間日差しの入る、南向きや東向きのベランダなら、植物の成長も旺盛になります。

ベランダの向かい側に高い建物がある、日差しを遮るようなコンクリートがある場合は、注意が必要です。
太陽の高さは季節によって変わりので季節ごとのベストポジションを探してみてください。

日ざしの入らない西向きのベランダ

植物を育てるのに向かないといわれていますが、まったく育てられないわけではありません。午後に4時間ほど日が入れば、ベストよりも時間はかかりますが、ほとんどの野菜が育てられます。

この様な商品を用いれば、簡単に鉢の位置を変更できます。それに何となくオシャレですよね♪

太陽の向きよりも大事なのは室外機の位置!?

ベランダで植物を栽培する際に南向きか北向きかということも、重要なポイントです。しかし一番大切なことは室外機の位置です。

植物は風通しの良い環境を好みますが、不自然な強い風、熱風は禁物。プランターという小さな器で植物を育てるため、土の乾燥が激しく、植物が弱りやすい環境となります。室外機の風に当たらない環境で植物を育てるようにしましょう。

ちなみに、

日当たりを好む野菜

トマト・なす・ピーマン・きゅうり・かぼちゃ・スイカ・とうもろこし・えだまめ・いんげん・そらまめ えんどう・キャベツ・白菜・大根・にんじん・さつまいも

日当たりが悪くても育つ野菜

レタス・ほうれんそう・小松菜・水菜・春菊・かぶ じゃがいも・里いも・ショウガ・ネギ・アスパラガス・パセリ・バジル・ミント

日陰を好む野菜

ミョウガ・三つ葉・セリ・クレソン・シソ

野菜の特性を理解し、元気な野菜を育てましょう!

初心者にオススメの”野菜”とは?

初めから難易度の高い野菜をいきなり栽培すると、失敗してしまうことも考えられます。失敗をしてしまうと気持ちがなえちゃいますよね?まずは比較的、楽に栽培できる野菜から始めましょう。

もやし

プランターで栽培でき、初心者の方でもつくりやすいもやしは光を当てない暗所で栽培するので、年間を通して栽培できます。お世話が簡単なので、家庭菜園ビギナーでも失敗なしです!

かいわれ大根

保温ができる環境であれば1年中栽培できます。大きく育ち、大量に収穫でき、栽培開始してから7~10日で食べられるようになります。種と苗箱があればすぐ始められます。

ラディッシュ

最短20日で収穫ができるラディッシュは、すぐに収穫してみたい方におすすめです。

日本名では二十日大根と言い、親しまれている野菜なので、小さい頃に育てたことがある方もいるかしれません。

葉ネギ

薬味に大活躍してくれる葉ネギもおすすめです。スーパーで見かけるような大きさのものではないですが、料理の彩りや風味付けに一躍買ってくれます。

比較的乾燥にも強い野菜なので、そこまで頻繁に水やりをする必要もないため、簡単に育てることができます。種をまいてから、成長するまでに、少し時間がかかるので、気長に成長を待ちましょう。

シソ

お刺身の付け合せや薬味になるシソは、ハーブの一種で、様々な料理のアクセントになります。
スーパーでは意外と高い値段で販売しているため、自宅でも簡単に収穫できるシソは家庭菜園の中でも人気が高いです

小松菜

栄養素が豊富な小松菜は別名を「冬菜」とも言い、寒さに強い野菜です。
旬は冬ですが、1年を通して栽培でき、栽培が簡単なので大変おすすめです。

プランターで育てることはできるの?と思いますが、プランターでもしっかりと成長します。また、小松菜は栽培期間が短いため、すぐに収穫したい方にはおすすめの野菜です。

バジル

イタリア料理よく使われるバジルは葉が多く茂ることでも人気が高いです。日光を好み、水や肥料をたっぷりあげればあげるほどたくさん育ちます。

バジルは寒さに弱いので、冬の間は5~10度に保つことができる室内に移動させて育てるようにしてくださいね。

ベランダ”菜園”の注意点とは?

ベランダは”共用”のスペース

アパートやマンションの場合、ベランダは専有スペースではなく共有部分。しかし通路などとは違って、その部屋の住人だけが使用するので、ある程度自由に使うことができます。

マンションによってはベランダの使い方が制限されているので、ベランダ菜園を始める前に、規約を確認しておきましょう。

ベランダは、緊急時の避難経路として消防法で定められているため、隣の部屋との境目にある間仕切り板をふさいでしまうのはNG!プランターは避難経路を邪魔しない場所に置きましょう。

ハンギングプランター

いわゆるぶら下げる形のプランターです。落下の危険があるので、手すりの外側に掛けるのはNG!内向きに掛ける場合も水やりのときに水が滴る為、下の階に迷惑をかけない様に配置して下さい。

洗濯と菜園のスペースは別に。

干すときなどにひっかけて、植物の茎を折ったりといったトラブルを避けるためにも、物干しと菜園スペースは分けるようにしましょう。

まとめ

方法も記載しようかと思ったのですが、まぁプランターに土入れて水をあげるだけなんで割愛しました。

私は以前実家で家庭菜園を行っていました。思い立ったら”草取り”や”水をあげる”だけの生活サイクルだったので、死んでしまった野菜や何度も復活する野菜がありました。

今回紹介した中で言えば、ネギやシソが何度も復活する。または育てやすい野菜にあたります。逆に有名所であるトマトやじゃがいも、ナス等は育ちませんでした。ナスはかっちかちでしたね(笑)

私はズボラな性格なので、気が付いたら実がなっている野菜が理想です。しかしネギなどは匂いが発生するので多少近所迷惑かなぁと思ったり…。意外といけるのかな?

そもそも私が済んでいる建物は家庭菜園ありなのか?大家さんに聞かなければいけませんね。

皆さんもレッツ家庭菜園しましょう♪

現場からは以上です!


コメント

タイトルとURLをコピーしました