【書評】この本を読めばあなたも天才ブロガーになれる!?

未分類

「私の文章は面白くないのではないだろうか?」

最近そう感じる様になっている。というのも、3000文字という文章量は多すぎるし、素人の文章を根気よく誰が読むというのか!?…そう思ったからである。

ならば面白さや、読者を引き込むような文章を使って”音楽を読んでいる様な感覚で読めるを心掛けて書いてみようかと思う。一応、今回読む本を参考にしながら★

同じ様な悩みを持つ同志には必見なのではないだろうか!?

『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』感想

ぶっちゃけ、記事タイトルの話は嘘である。あ、いやちょっと記事を閉じるのは待って欲しい。

ただ最低限の部分は本書にて補完できるとは思う。何にせよはっきりと断言できないのは私のブログ力不足とブログパワーが弱く(ん?同じこと2回言って無いか?)結果が伴ってない事にあるからだ。記事の感想はあくまでも私の主観であり、いずれにせよ本書を読んでどう思われるのかはあくまでもそちら側。読者である貴方が決める事で、記事を読んだ後、もしも面白いと思われたなら感想を頂きたい。

頼むよ…!

実際の所どうよ?役に立つんこの本?
プレガノ
プレガノ
はい、じゃあね。ここで役に立つか否かみたいな話をするよ!よく聞いておくんだよ?

本書は”文書を書く基礎”をないがしろにしている人ほど役に立つと思う。後で詳細を語るが、私で言えばとにかく”読者への意識が足りない”という部分はよく読んでおかないとなぁと感じた。

これまでは好きなように文章を書いていましたのでぶっちゃけ今までの記事の中にキチンとした【書評】では無かった。あれは何と言うか…、引用祭りみたいな。意見の様な文章であって、本に対する「面白い」「面白く無い」「役に立つ」「役に立たない」を書いていなかった様に思う。

読者は基本的に長い文は読まないし、素人の言葉に興味はない。

で、あるならば私が書くべきはキチンとした評価と私なりに著書をどう生活に落とし込むか?本を読んで人生にどう活かすのか?を語るべきだった。

英語の日記とか…、まぁひどいものだった気がする。

そういったブログを読んでもらう為の常識が出来ていない人程読むべきだ。具体的には、

・文章に難解な言葉を使いがちな人

・何を伝えたいのか分からない人

・間違った慣用句や接続詞を用いている人

・ブログの閲覧数がいつまでも経っても伸びない人

等があげられる。

本書を読んだからといって閲覧数が増えるかは分からない。しかし少なくとも訪問者が訪れない原因を減らしていくのは可能である。

つまり本書にある部分がキチンと出来ているのであれば原因はどこか別の部分、

あなたのブログ読者代行者『ガノプレ』ちゃん↓

ガノプレ
ガノプレ
単純にお前の記事は面白く無いぞ!興味ないぞ!

という事かもしれない。

逆に言えばこの辺りが出来ている人は本書を購入する意味は無いという事だ。だから、

さっさと次の記事へGO!

『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』を私にどう生かすか?

私の文章には”目的”が無かった!

文章を書くというのが別に苦手では無かった私だが、見失っていた事がある。それは目標・目的を明確に持たずに書き上げているという部分だ。つまり今までの私は、読者である貴方達の事を、一切考えず文章を書いていた。いや、はじめから考えとけよ!!

ブログを始めてみた人なら分かると思うが、意外とこの当たり前の事が私達(ブロガー)は出来ない。

今回紹介する著書には以下の様な具体的な表がある。↓

という訳で表を参考にして具体的に記事のターゲットを考えてみるとする。

  • 現在のブログ運営方法が正しいのか迷っている
  • ブログの悩みを解決してくれる本を探している
  • サイトの構造方法やブロガーとしての基礎知識・思考法を知りたい
  • 10代~30代の自分の人生を見つめ直している人物。ブログの広告収入を生活費用の足しにするかそれのみで生きていけないか考えている
  • 年収は…取り敢えず満足はしてない人だろうから少ないんだろうな
  • 性格は…努力家で真面目なんじゃない?
  • フリーターか、定職に就いているがいずれ辞めたいと思っている人
  • 副業ブームに乗っかったものの、稼げない
  • スマートフォン(PC派もいるだろうけど少ないよなぁ)
プレガノ
プレガノ
ってこれ全部俺やん…(哀愁)

まぁ実際の所まとめてもいまいちどう活用すれば良いのか分からない気がする。

上記のターゲットがどうすればサイト記事を読んでくれるのか?

今回の記事を読んでくれる読者のパターンは2つ。

①当ブログの更新を楽しみにしている

②本の購入を検討しているが、決心がつかず誰かの感想が見たい

③良いブログ記事を書くために必要な知識を与えてくれるおススメの本を教えて!

ガノプレ
ガノプレ
”3っつ”じゃないか、このクソボケカス!!

①はあり得ないので②・③になる訳だ。ふむふむ、今の所感想と活用方法が書いてあるのでまぁ及第点だと思われる。しかし、読んでくれないのならもうはっちゃけよう感が出ているのがなんとも痛々しい。

これは使えるんじゃないかと思った本書の項目抜粋★

プレガノ
プレガノ
んーそうだねぇ。『うっかり使うと危ない慣用句』とか結構やりがちだね☆
慣用句?
ガノプレ
ガノプレ
プレガノ
プレガノ
そう、例えば”敷居が高い”とか。どういう意味か分かる?
え?身分不相応だから出来ないみたいな事でしょ
ガノプレ
ガノプレ
プレガノ
プレガノ
違うね。全然違う。ずえんずえんちがうよ~!!
腹立つな!
ガノプレ
ガノプレ
プレガノ
プレガノ
正しくは”後ろめたい事があって、もう一度行くのは抵抗がある事”なんだねー。間違えたねー
ガノプレ
ガノプレ

本書には上記の様な誤りがちな”慣用句”、”表現言葉(おざなり・役不足・破天荒等)”、”文末表現(「~だ」「~である」・「~です、~ます」)”、接続詞や読点(、)等の文章を書く上で初心者が書きがちな誤った文章についてもかかれている。

でもなんだかんだで自分を信じて文章を書く事が一番大事とも書かれていた。

プレガノ
プレガノ
後はそうだなぁ。『一瞬で相手の心を掴むテクニック』とかですね!
…例えば?
ガノプレ
ガノプレ
プレガノ
プレガノ
タイトルに『食べると確実に死に近づく食べ物』とか
怖っ
ガノプレ
ガノプレ
プレガノ
プレガノ
大抵の読者が”好きな言葉を入れる”とかかな?

「無料で」とか、「特典付き」とか「失敗しない」という言葉は読者の目を引く言葉だそうだ。

私であれば…「簡単に作れるサクサクからあげ料理♪」とか書くと思われる。鶏肉を焼肉のたれにつけ起きして置いて、片栗粉を水で粗目に混ぜ、鳥肉にまぶしてあげるだけなんだけども。

この様な分かり易く人がひきつけられる文言から、具体的な数値を文章に用いて表現する方法などが記載されているので分かり易い。

「どうにも人が集まらないなぁ」とか「ブログ題名に具体的に何て書けばいいのか分からない」という人は購入を検討されても良いかと思われる。

という訳で本日はこの辺で、ここまで閲覧してくれてありがとうございます☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました