介護士の”苦労”って何?元介護士が語る当時のスケジュールと内容

未分類

前回は”一般的な介護士のスケジュール”でしたが、今回は私が実際に体験した当時の業務。その一日スケジュールを書いていきます。

著者が働いていた”グループホーム”って何?

私が働いていた施設は”グループホーム”といって、前回説明した区分で申し上げると”有料老人ホーム”に該当します。

グループホーム

グループホームは、要支援2以上の認知症高齢者を対象にした小規模の介護施設です。”ユニット”と呼ばれる単位に分かれ、家事などを役割分担しながら共同生活を行います。1ユニットは最大9名で構成されます。

地域密着型サービスの一つで、認知症高齢者を対象に少人数で共同生活をする施設。有料老人ホームなのですが基本的に地元の方以外は受け入れていません。

一日のスケジュールってどんな感じだったの?

前述でグループホームは”1ユニット9名”とありましたが、私が勤務していた所ではユニットが東と西で別れており、それぞれの個室(居室)に8名ずつ住まわれていました。ユニット同士は細長い廊下で繋がっており、それぞれのスタッフまたは利用者様が双方に移動できるようになっています。

私は入社当初から3カ月程”東”フロアで勤務した後、上司の方針により”西”フロアへ配属されました。その後夜勤を行うようになってからは、人員が足りなくなると補助としてサポートに入っていたので気が付けばどちらのフロアでも対応できる様になっていました。

5:00~起床

★起床時間が少々早いと思います。私が勤務していたのグループホームは慢性的に人員が足りなかったので、利用者の方には(大変心苦しいのですが…)他の施設よりも1時間前倒しで業務を行っていました。

この時間からちらほらと起床される利用者様がおられるので、起き始めた順番から着替え・トイレ介助・口腔ケア(歯磨き、うがい、おしぼりで顔を拭く)等を行います。その後席に連れていき利用者様の体調を確認する為、温度計で体温。心拍計で心拍数を測ります。

5 : 30辺りになると自分の意思では起きれない方を離床(ベットから起こす事)してまわります。女性の方は力が無いので少し早めに作業を行っていました。また高齢の方は別フロアの介護士にヘルプを頼み、二人で離床介助を行っていたそうです。

★半身麻痺等で身体が動かせない方は、私達介護士が着替えさせなければいけません。私の場合は別途に臥床して(寝て)いる状態で下半身を着替え、車椅子に移乗させてから上半身を着替えていました。★またトイレの便座へ移乗を行う必要があります。出来るだけ本人の意思で足に力を入れて貰うのですが朝なので指示が入りにくく、利用者様自体も力が入れにくいので少し苦労します。

全員を起こした後、朝食を準備(ご飯を温めたり、テーブルへ運んだり)します。私の勤務先では東フロアに炊飯器があったのでお米を取りに行ったりもしました。★朝食自体は深夜帯の時間に作り置きしています。

利用者様に声をかけ、全員で「頂きます」といってご飯を食べます。

6 : 00~朝食

朝食後は再度口腔ケアとトイレ介助を行い、利用者様には自席にて待機して頂きます。その間に食器洗浄と洗濯物(1日1個室、利用者様のシーツ・枕カバー・布団カバーをはがし洗う)を洗濯。

手が空き次第、この間に行った業務や利用者の記録を介護記録(利用者の様子や体調などを記載する用紙)に記載する。★本当は業務を行う度に記録をする必要があるが、とても間に合わないので9:00の申し送りまでに完成させるイメージ。

7 : 00~”早出”出勤

早出の方が来られたら残っている朝の業務(朝食の片づけや利用者様の介助等)を伝え、二人で終わらせる。早出は薬をちゃんと飲ませているかの確認を行い、薬剤の箱を片付ける★業務が間に合わなくても早出の方へキチンと説明すれば大丈夫なので、焦らずゆっくりと業務を行ってください。

洗濯が終わる音が聞こえたので洗濯物を外に干します。特にトラブルが無ければ…。

”夜勤”の方お疲れさまでした♪後は9:00まで介護記録への記載と利用者の見守りをするのみとなります。

”早出”は利用者様のトイレ介助を行いながら朝の業務を済ませる必要があります。朝の業務は主に玄関の清掃(玄関マットをはがし、下を箒で掃く)・施設内手すりの清拭・利用者様が利用されている居室の掃除機がけを行います。

★ちなみに私が夜勤の際は早出の方はほぼいないので、8時までに”早出の業務”以外を終わらせる必要がありました。慣れてくれば問題ないのですが最初は苦労しました。

8 : 00~”日勤”出勤

早出の業務が終わっていない場合は一緒に業務を行う。業務が済んでいれば入浴の準備(服を準備し、お湯を張る)を行う。★入浴自体は9:00以降なのですが早めに準備していました。また気が早い方は9:00の申し送りまでに一人、入浴介助されていました。

9:00: ~”夕勤”出勤

夜間勤務によるスタッフ全体への申し送りを行います。具体的には夜勤中に起きた出来事の詳細を全体で共有。その後朝礼を行い、会社の理念を声に出して全員で言います。その後、夜勤の方は帰宅。

スタッフは申し送り後、利用者様とラジオ体操・リハビリ運動を行います。★リハビリ運動とは利用者が身体的に改善されるであろう動きを繰り返す運動。手を開いて閉じたり、その場で足踏みをする等。

本日の入浴担当者が利用者様へ入浴介助を行い、他のスタッフは利用者様が退屈しない様にレクリエーション(疲れを、休養や楽しみで回復すること。また、そのために行う休養や楽しみ)を行います。★私の居た施設では”漢字や算数等のテスト”、間違い探し、パズル、ボール投げ等を行っていました。少し時間が潰せる物や遊びを提供するという時間です。

10 : 00~水分補給

利用者の方は一日に最低でも1500mlの水分を補給する必要があるのでそのための時間を取ります。★テレビで懐かしい曲を流したりしてゆったりした時間を過ごして頂きます。

イベント(誕生日会や地域の祭り、散髪等)がある日はこの時間に行います。入浴担当は利用者様を3人入浴介助したらイベントに参加します。★3人入浴介助すると大体昼食の時間になっていたりするのでイベントに参加する事は難しいかもしれません。入浴時間の目安は一人15分~30分程度。★また入浴した利用者の服は洗濯が終わり次第、随時干しにいきます。

洗濯物を畳み、今朝はがしたシーツを元のベットに戻します。

10:30を過ぎると宅食サービス(ご飯の配達をしてくれる会社)が食事を運んでくるので昼食の準備を始めます。ご飯自体は出来ているのでお皿に盛り付けて待機。11:20頃に配膳を始め、全員で「いただきます」と言って昼食を食べます。

利用者様の薬は”食前”と”食後”があるので最低でも介護者二人でキチンと確認してから利用者様に飲んで頂きます。※今後記載はしませんが基本的に食事の前後には配薬の時間があるというのは覚えておいて下さい。

11:30~昼食

昼食後口腔ケアとトイレ介助を行い、利用者様には居室にて臥床して頂きます。勿論自力で臥床出来ない方は介護士が臥床させます。★ちなみに臥床や離床の際には基本的に、介護職員がトイレ介助やおむつ交換を行っていると思ってください。

12 : 30~昼寝

スタッフがゆっくりできる時間なので、二人が待機し、一人が休憩(30分~1時間)に行きます。待機中の二人は次の日の薬剤の確認と準備を行います。★イベントや業務の遅延、スタッフの人数によっては休憩を取れない場合もあります。その際は別の時間に時間を分けて消化するか、こまめに休憩を設けるなどをしていました。

15:00からおやつの時間なので利用者様を離床してまわります。

15:00~おやつ

毎食ビスケット1~3枚程度のお菓子が配膳され、誕生日の方が居る場合はケーキを出したりもします。また利用者様のご家族様が持ってこられたお菓子やお土産を切り分けて出す場合もあります。

レクリエーション実施、散歩などの支援★施設の外にあるベンチに座って貰ったり、車を出して地域にある観光地をドライブしたりします。全員は連れていけないのでスタッフ二名と利用者2名等ででかけます。

15:30に宅食サービスが食事を運んでくるのでお皿に盛りつけて待機、16:20頃に配膳を始め、利用者様全員で「頂きます」と言ってご飯を食べます。

16:00になりました。”早出”の職員はここで帰宅します。お疲れさまでした!

16:30~夕食

夕食後口腔ケア・トイレ介助を行い、利用者様にはパジャマに着替えて頂きます。

17:00になりました。”日勤”の方、お疲れ様です!

17:00~”夜勤”出勤

”夕勤”は”夜勤”スタッフへ申し送り、介護記録作成などの引継ぎを行います。その後夕食の食器洗浄を行い、時間が余れば夜勤スタッフの臥床を手伝います。

18:00~”夕勤”帰宅

夕勤の方、お疲れさまでした!

あれ、夜勤については?~まとめ~

少々長文になってしまったので夜勤の業務に関してはまた別記事にします。正直な所、お腹一杯ですよね(笑)

上記が大体私が行っていた”昼”の業務となります。一応、皆さまに関係のある”勤務時間における業務内容”について語らせて頂きました。参考になったでしょうか?字に起こしてみるととても良く分かるのですが、一番忙しいのは”朝方~昼寝”にかけてだと思います。それ以降は特にバタバタせずに業務を行えると思います。

どうですか?こうしてみると意外と”介護士”って楽そうに見えませんか!?

身体を動かすので時間も早く立ちます。敢えて利点をあげるのであればそこが良い部分じゃないのかなぁなんて思ったりします。

あ、でも敢えて説明を省いていましたが基本的に1時間~2時間毎にトイレ介助を行っているという事と合間に介護記録に行った業務の全てを記載している事という業務がある事は理解しておいてくださいね♪勿論寝たきりの利用者様は一度臥床させてからオムツの確認をしています。

次回は”夜勤”の業務について語りますのでまた興味があればご覧になってください!本日もブログを読んでくれてありがとうございます。ではまた!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました