介護士の仕事って大変なの?”1日の流れ”で見る業務内容

未分類

 

私が介護士になる前に抱いていた”介護”のイメージは、”汚らしいもの”でした。私は潔癖という訳ではありませんが、どうしても”汚物の処理”やそもそも”高齢者”に対し綺麗な印象は無かったのです。

今思うと大変失礼な話だったのですが実際問題汚い事にもたずさわわりますし、台所専属で通っていたとある主婦の方は”汚物の処理”の業務に耐えられず「介護士が出来なかった」と話していました。

無理して”介護士”になる事はありません。これから一日のスケジュールを説明するのでこれを見た上で自分に合っているか否か?判断してみると良いと思います。

介護士の1日の流れってどんな感じ? 介護士の1日の仕事内容は?

介護士というのは働く施設の方針や業務体系によりスケジュールが様々です。特に私が働いていた施設ではその点がかなり特殊なので、ここでは一般的なスケジュールを述べようと思います。

有料老人ホーム

高齢者が入居して介護サービスが受けられる「介護施設」。有料老人ホームでは、身体介助、入浴介助、食事介助が主な仕事となります。民間会社が運営しているため、入居者一人ひとりに合わせたきめ細かいサービスを提供しており、24時間いつでも対応できるよう、日中と夜間で勤務シフトが組まれています。

私が研修の際に見学した有料老人ホームの印象で言うと、高齢者の為に”アパート”の一室を借りたという感じです。基本的には利用者様に自由に動き回って貰い、何か要望があれば答える。食べ物や飲み物に制限はありますが特に禁止はしていないとの事です。

8:30~出勤。夜間勤務スタッフから申し送り(仕事の引継ぎ・伝言)、朝食の片付け、排泄介助、部屋掃除、健康チェックなど

9:30~入浴介助、排泄介助、洗濯、外出介助など

11:30~昼食準備、食事介助、排泄介助、外出支援、入浴介助など

14:00~休憩時間

15:00~おやつの準備、レクリエーション実施、排泄介助、散歩などの支援、入浴介助など

17:00~夜間スタッフへ申し送り、介護記録作成など

ちなみに筆者が勤めていたのは”グループホーム”。また別記事で詳細を話しますが大まかに言うとこの括り(有料老人ホーム)の一つとなります。

一日中スタッフがアパートの管理人をして、問題があれば対処するというイメージ。

デイサービス(通所施設)

デイサービスとは、要介護の高齢者が残存する能力で自立した生活ができるよう、歩行訓練や食事・入浴・排泄などの介護サービスを日帰りで受けられる施設。利用者の送迎や、食事・排泄・入浴介助などを行い、高齢者の社会的孤立を防ぐため施設職員や利用者同士の交流を図るレクリエーションの企画や運営を行い、利用者と体験します。

私の姉(長女)が勤めていたのはここになります。特に長女が勤めていた所は介護度(どれ位の介護が必要なのか図る指標)が高かったので大きな叫び声が飛び交っていたりします。…ま、まぁ姉の勤務先は少し特殊なので気にしないで下さい。その分いつも口癖の様に「私がいないと…」と言っていたのでやりがいはあるのかもしれません。

※ちなみに著者は三兄弟の一番下になります(余談)

一日の終わりに利用者様が帰宅するので、夜間の仕事はありません。

8:30~利用者の自宅まで車でお出迎え

9:00~利用者の健康チェック(体温、脈拍、血圧測定など)

10:00~利用者と個別で生活機能訓練、入浴介助

11:30~昼食準備、食事介助

13:00~体操や生活機能訓練、レクリレーションの実施、散歩など

15:00~おやつの準備、おやつの時間

16:00~帰宅の準備、トイレ誘導

17:00~利用者の自宅まで車でお見送り17:30~フロア清掃、明日の準備、1日の記録とチームミーティング

訪問介護

利用者の自宅に訪問し、身体介助や家事サポートを行います。具体的には、食事の準備・部屋の掃除・洗濯などの家事から・日用品の買い出し・食事の介助・入浴・排泄介助などを中心となります。車やバイク、自転車などの移動手段を使い、1日で複数件訪問。ケアマネージャーが作成したケアプラン(具体的な介助方針)をもとに訪問介護を行い、介助した内容を記録しケアマネージャーに報告します。

9:00~利用者の自宅へ訪問

10:00~身体介護、朝食の配膳と介助(1件目終了)

10:30~訪問先へ移動(2件目)

11:00~2件目到着。利用者の自宅掃除、昼食の調理(2件目終了)

12:00~休憩、訪問先へ移動(3件目)

13:30~3件目到着。入浴介助、部屋掃除、洗濯(3件目終了)

15:00~事業所に帰社し事務作業。その後4件目の訪問先へ移動

15:30~4件目到着。部屋掃除、入浴介助、夕食準備(4件目終了)

17:30~事務所に帰社し業務報告。明日の訪問予定先を確認。

18:00~帰宅

私の姉(次女)が訪問介護をしていたらしいのですが、普段の生活を利用者やその配偶者(結婚相手)・子供に任せるので食事の管理や部屋の清掃面がどうしてもずさんになるそうです。

腐っていても食べてしまったり薬の管理が難しい等、管理が出来ない分どうしても自宅でのトラブルに対処が遅れてしまいます。

結局の所、一番辛かった事って?

ここまでつらつらとスケジュールについて記載させて頂きました。とはいえ結局の所、皆さんが聴きたかったのは

「何が”一番辛かった”の?」

という一点だと思います。

 

結論から申し上げますと私が一番辛かったのは”人間関係”です。

勿論しんどい業務は多々あります。特に力の無い女性や高齢の方には寝たきりの利用者様をベットから起こす作業(離床りしょう)、ベットに寝かす作業(臥床がしょう)はとても大変です。以外にも汚物の処理なんかは慣れると何も思わなくなったりします。むしろまじまじと状態を確認して、「おっ、今日は調子良いなぁ!!」なんか思ったりします。

これは私が退職を決意する理由の一つでもあったのですが、女性中心の社会と言うのは色々と感情が渦巻いており、男性の私からすれば介護の業務上で感じる”どうでもいいこと”を押し付けられたりします。

私としては”利用者が理解出来ないから”といって不遜(失礼)な態度を取る介護士がとても目に余りました。その方が長く勤務されていてかつ上司であればなおさらタチが悪いです。注意すれば目を付けられ徒党を組んで陰口を叩かれるのですから。

(著者に何があったんだ!?)

…失礼しました。ですがそれを思えば素直な分、意外と利用者様の方が扱いやすかったりします。むしろ可愛く思えてきたりもするのでとても癒されます。

次回は”著者が勤めていた勤務先”にてより詳細な業務内容の解説を行いますので、よければそちらも是非是非ご覧になって下さい♪

ここまで読んで頂きましてありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました